愛知に住むことになりまして

愛知に住むことになりまして・・

自動車工場勤務。会社寮住み。初県外。初一人暮らし。ダメ人間が綴るエセなエッセイ。あと適当な日記を少々。

首里城が燃えた日【期間工61日目】

期間工61日目】金曜日・1直

 

今朝、首里城が全焼したと聞いた。

 

ニュースは見てなかったので人づてに聞きました。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

観光地あるあるだと思いますが、

 

・観光地には現地の住人はあまり行かない

 

もので、首里城にも、小学校の頃に数回、そして2年前くらいに沖縄に帰ってきた友人の付き添いで1回行きました。

 

それでも何となく、首里城が思い出の中にあるもので、それがやっぱり沖縄県民は悲しく感じるのかもしれません。

 

いままでの記憶の中の首里城を思い出すと、無くなったことがさみしく感じだしました。

 

 

 

【勝手に語る首里城の思い出】

 

 

 (大人に近づいたなと感じた中学生)

数年前はおそらく観光地ではあったが、外国からの人も少なく、ヒトが多い印象はあまりなかったです。

 

そして、自転車で活発に行動し始めた中学生の頃に何となく首里方面を走っていて、守礼門に着いた時に、おお!首里城に一人で来れた!

 

と何となく大人に近づいたうれしさみたいなものを感じました。

 

 

(大人になって首里城に行った)

時は流れて、同級生が社会人で、僕が大学生だったころ、沖縄へ数年ぶりに戻って来た友人がぜひ首里城に行ってみたいと言って(家紋が展示されている家系図?に載っているらしいから見に行こう!)、数年ぶりに首里城へいった。

だけど、修復中で首里城は大きなプリントされた布と化していた。

 

俺は沖縄に住んでいたから、全然首里城に行こうと思うことはなかなか無かったが、

数年沖縄から離れた友人からすると、そして再び沖縄から離れる友人からすると、

やっぱり首里城は目に焼き付けときたい、沖縄を象徴するものなんだな~と

感じた。

 

あまり、覚えていないが、庭の手入れがきちんとされているのか、樹木(ガジュマルとか)の下にはシダ植物が繁茂しており、きれいな印象があった。

 

 

(末吉公園から見ていた首里城

大学生の頃から、首里城に近い末吉公園へ、鳥の声を聴きにいったり、森の中で休んだり、友人とクワガタを捕まえに行ったり、していた。

 

そしてその公園でゆっくりすることが好きだった。

 

その公園からは、首里城が見えた。

 

ちょうど山の頂点にかぶさるように首里城があった。

 

その首里城新都心の高層ビルや住宅街、モノレール、飛行機が行きかう光景が好きだった。

 

その光景の一部であった首里城が燃えてなくなった。

 

悲しい気持ちが光景を見ていた頃を思い出すとじわっとわいてきた。

 

おそらく日頃からよく目にしていた首里城周辺に住む人はもっと悲しいのかも。

 

写真を撮った気がするが、探せないのでここでおわります。

おやすみなさい

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ